涙袋のためのヒアルロン酸注入

現在大人気の「涙袋のある顔」ですが・・・

涙袋の整形は永久?施術の継続期間について

涙袋の整形は永久?施術の継続期間について 涙袋の整形は一度行えば永久に続くのか、施術を希望している人は気になるところではないでしょうか。
ふっくらとした涙袋は目元を立体的にかわいらしい印象にしてくれますが、デリケートな部分であり何度も施術を受けることになると痕が残らないか心配になります。
長く維持できるならそれに越したことはありませんが、クリニックで一般的に行われている涙袋整形にはヒアルロン酸が使われるため、継続できる期間が限られます。
体質によって違いがあって、早い人では3か月後くらいから成分が吸収され始め、長く保てた場合でも2年から3年が限度です。
涙袋用に開発されたプロテーゼの挿入や、自家組織に脂肪を取り出し目元に注入する方法であれば、半永久的な効果が期待できますが、ヒアルロン酸を注入するよりも体に負担がかかるためよく検討して決める必要があります。
クリニックによっては高いリスクが伴う術式を導入していないところがあるため、長持ちする施術を希望するときはあらかじめ術式を導入しているか調べてから出向くとよいでしょう。

涙袋を作る施術の1つヒアルロン酸注入法は継続する必要がある

涙袋を作る施術の1つヒアルロン酸注入法は継続する必要がある 涙袋を作る施術として現在、最もポピュラーに行われているのが「ヒアルロン酸注入法」です。
弾力性のあるヒアルロン酸を目の下に注入し、膨らみをもたせるという施術でメスを使わずにぷっくりとした涙袋が作れるとして人気を集めています。
時間もわずか10分程度、費用相場も約5万から10万とリーズナブルで、ダウンタイムも心配もほぼありません。
ただ、ヒアルロン酸注入法で作った涙袋をキープするためには、継続的に続ける必要がある点は注意しましょう。
なぜかというとヒアルロン酸は時間の経過と共に、吸収されて無くなってしまうからです。
元々、ヒアルロン酸は人の肌や関節などに含まれている物質です。
外から注入したものも、ゆっくりと吸収されてしまいます。
ですので継続的に受けないと、せっかく作った涙袋が消えてしまうのです。
一般的に約半年から1年程度で、吸収されてしまうと言われています。
効果をキープしたいのであれば、半年から1年に1回定期的に受けるのがおすすめです。